Global Mobility Service(中島徳至、GMS)の自動車ローンの評判、口コミです。日本の車のローンやリースの審査通過率は過去最低になっています。新卒の若者も、親の保証人がないとローンやリースが組めない場合が多いです。

ベンチャー起業家として大企業からスピンアウトして車を持とうとしてもなかなか持てないという方々も多いです。


日本で自動車ローンの審査に通らない若者が増加

日本では現在、190万人の方が自動車ローンの与信審査に通らないと言われています。

若者の車離れといわれています。しかし、自動車に乗りたくても、ローンを断られて車を所有できない人が大変多いのです。

そういう現実を皆さんに知って頂きたいなと思います。

日本国内の車のローンやリースの与信審査に通らない人口
年間190万人

車が買えない現実

日本国内の車のローンやリースの審査通過率は過去最低水準になっています。

ローンが通らない方が30%いるからです。

個人リースに至っては50%も通らない人がいます。

若者が車を買えない理由の一つは、ローンやリースの審査に通らないことが挙げられます。

<日本の自動車ローン、自動車リースの審査通過率>
個人のローン通過率 70%
個人のリース通過率 50%

中島徳至CEOによる解説

ローン審査の厳しい現状

新卒で働こうと思っても、親の保証人がないとローンやリースが組めないという方も大変多い。

ベンチャー起業家として大企業からスピンアウトして車を持とうとしてもなかなか持てないという方々も多いです。

またビジネスで自動車を使おうと思っても、通らない、使えないという方々も多かった。これまでの実績がなかったり、与信審査に通らなかったり、などの理由です。

日本での業務提携
<Global Mobility Serviceの日本国内のローンの業務提携>
分野 業種、企業
ファイナンス 与信審査を省略し、ファイナンス対象を拡大させたい企業(住信SBIネット銀行、住友三井オートサービス、Cedyna)提携金融機関募集中
情報通信関連 大手ITベンダー、大手総合商社、大手通信キャリア(携帯電話会社など)
サプライ 車両メーカー(OEM)、車・バイクの販売店
サービスサポート セキュリティ、保険会社、広告代理店、OEM、整備店ネット、中古車買取、オークション

※2017年時点です。

Global Mobility Service成長の背景

関連するテーマ 「1億総活躍時代」「再チャレンジ社会」
サービス対象の職種 パート、学生・会社員、商業関係、土木関係、農業関係